この時期から水虫などといった問題が発生します|適切な処置が必要


アトピーの問題

皮膚にできる症状として、多くの人がまず初めに思い浮かべるのが、アトピーです。特に子供は抵抗力の低さによってこうした症状に罹りやすいため、症状があまりにも悪い場合、すぐに皮膚科へと受診しましょう。

Read more »

基本を理解すべきこと

ニキビを改善するためにはどんなポイントに注目して治療をするのかまた、ニキビができる仕組みについて紹介するので、原因から解決する方法を理解して肌の悩みを消し去りましょう。

Read more »

鼠径ヘルニアの問題

近年、脱腸のことを鼠径ヘルニアと呼ばれることも多くなってきました。子供に多い病気ではありますが、高齢者や中年男性にも多く見られます。肥満や便秘なども原因といわれています。重篤の場合手術は外科で対応してもらいます。

Read more »


かゆい水虫

お肌でお悩みの事がある方は新宿の皮膚科にお越し下さい。どんなトラブルでもしっかりと改善してくれますよ。

季節がジメジメとしてくる時期や夏場になりますと、皮膚の病気である水虫を発症することがあります。 それは別に不潔にしているからではなくて、どこかの場所で感染してきたと思われます。 多くは浴場などの、人が多く集まる公共の場が考えられます。 水虫は感染をしていても、普段は何も感じません。 ところが水虫は湿度の高い場所を好み、増殖をしていくことになるのです。 水虫の動きが活発になりますと、強烈なかゆみを覚えるようになり日常生活に影響がでてくる場合もあります。 それには治療が必要となるのですが、病院へ行くことを恥じて店頭で薬を買いそれで処置を取る人がいます。 それも全く効果がないわけではないのですが、完全に水虫をなくすには皮膚科での治療が望まれるのです。

水虫に感染しますと、家庭でも問題点がでてきます。 家庭の中に誰かが感染をしているとなりますと、床マットやスリッパでうつるということになります。 水虫は人から人へと二次感染を起こしますので、家庭の中におきましてはスリッパなどは別々のものにして、床マットは天気の良い日に天日干しをしますと水虫を死滅させることができます。 また皮膚科での治療も必要となり、通院を始めたら完治するまで通うことが大切であります。 自己判断で治ったかなと思い治療をやめますと、菌がまだ残っていることがあるのです。 医師の判断に任せて、途中で治療をやめることなく薬を塗り続けることが大切です。 また薬は途中でやめてしまうと、菌に耐久性ができて薬が効かなくなる場合があります。


肌トラブルの治療

大人になってかも、生活習慣やホルモンのバランスによってニキビができてしまいます。現代では皮膚科での治療が受けやすい環境が整っていて適切な治療を行うことができるようになっています。

Read more »